看護師

更年期障害の治療を考えている場合|あなたを救う方法がココにある

日本で2番目に多いです

注射を持つ医師

胃がんは日本人に多いがんで、自覚症状が現れにくいがんでもあります。症状があったとしても胃炎や胃潰瘍と誤解され放置してしまわないように定期的な診察が必要です。胃の中でも生きていられるピロリ菌が胃を荒らし、その結果胃がんになることが多いです。

詳細

しっかり検診を

医師と患者

すい臓がんは、数あるがんの中でも早期発見をすることが難しいがんで、寛容する割合も高くありません。そのため、できるだけ早期に発見をすることができるようにいろいろな検査方法を利用して、健康診断をするのが良いです。

詳細

怖い大腸疾患の早期発見

医師と病室

大腸がんは、進行すると命を落とすこともある、怖い病気です。その症状が強くなり、ステージ4に至ると、なかなか手術では取り切るのが難しくなるため、早期発見が重要とされています。また、大腸がん予防のために、食事療法や運動療法に気を付ける必要があります。

詳細

女性の体調不良と解消方法

中年女性

様々な解消方法

更年期障害は40〜50代までの女性にあらわれる諸症状のことをいいます。近年では30代後半から更年期障害を発症する女性もみられるようになりました。症状は身体的なものから精神的なものまで多種多様です。我慢できる程度のものであれば、更年期障害用のサプリメントなどを利用して乗り切ることも可能です。しかし、日常生活が送れないほど重い症状の場合は、病院で更年期障害の治療しなければ症状は解消されません。更年期障害は女性ホルモンの減少が原因として考えられています。そこで減少した女性ホルモンを体外から補てんする治療が行われます。この治療方法はホルモン補充療法というもので、本来は体の中にあるホルモンと同じ成分が配合されているので副作用の心配もありません。また、漢方薬を処方するクリニックも増えています。ホルモン剤に不安がある場合は漢方薬での治療を希望する方もいます。

原因と症状によっては

更年期障害であらわれる諸症状は実にさまざまなものがあります。身体的な症状として代表的なものはのぼせやほてり、発汗ですが頭痛や不眠、喉の渇きというような症状もあります。女性ホルモン不足は自律神経に影響を及ぼすので、このような症状がでます。この場合は先に述べたようにホルモン補充療法が有効ですが、自律神経の乱れを調節する薬も出されることがあります。精神的なものでは、イライラや気分の激しい落ち込みなどの症状があります。精神的な症状は、悪化するとうつ病へと進行する場合もあるので治療は早めに受けることが重要です。精神的な症状には抗不安剤や抗うつ剤などの薬が処方されます。更年期障害の症状には、骨粗しょう症や高血圧もあります。更年期障害は、個人の各症状に応じた治療方法が行われます。