医師

更年期障害の治療を考えている場合|あなたを救う方法がココにある

しっかり検診を

医師と患者

異常を感じたらすぐに

すい臓がんは、数ある癌の中でも完治しにくいもの1つであり、特性をしっかり知っておかないと一気に広がって手遅れになることが多い病気です。すい臓がんの難しいところは初期症状が非常に少ないということです。そのため、症状が出たときにはすでに転移をしているようなことも多くあります。そこで異常を感じたらすぐに受診をして検診をすることが大切です。特に糖尿病であったり、高血圧であったりとすい臓がんの可能性が高まるような因子を保有している時には特に注意をすることが必要になります。毎年行われる定期検診だけでなく、血糖値や血圧の値に異常が感じられた時には精密検査を受けて確認をし、異常がなくても複数の病院を回るのが良いです。

人気の検診

すい臓がんを早期に発見するためにはできるだけしっかりとした検診を受けておくことが大切になります。しかし、通常の血液検査などでは癌の早期発見は非常に難しいのがすい臓がんの特徴であるために、これ以外の検査方法を利用して早く発見をすることができるようにする必要があります。そんな検診の中でも人気のものが断層撮影と超音波による検査です。この2つの検査はすい臓がんを早期に発見することに有効なだけでなく、胃がんの早期発見にも非常に有効な検査方法です。バリウムを利用した検査よりも細かく検査をすることができ、しかも短時間で行うことができるメリットがあります。複数の検査方法を利用して多面的に見ていくことで人気があります。