医師

更年期障害の治療を考えている場合|あなたを救う方法がココにある

怖い大腸疾患の早期発見

医師と病室

大腸の疾患の特徴と発見

大腸がんとは、肛門の直前にある大腸に起こるがんです。早期の大腸がんでは、自覚症状がほとんどありません。がんが粘膜を超えて、どんどん広がっていくにつれて、その症状が現れます。症状とは、血便が出る、下血が起こる、便が細くなる、おならが臭くなる、下痢と便秘を繰り返す、お腹が張っている、腹痛が生じるなどがあります。進行すると、貧血が起こったり、嘔吐する、体重が減少するなどの症状も現れます。このように、大腸がんの症状が出てから治療すると、治らない場合があるため注意が必要です。というのも、大腸がんでは病気の進行のステージが、1から4までありますが、ステージ4に進行すると手術では、全てのがんを取り切ることができない可能性があるからです。このように、大腸がんでは、早期発見と早期治療が必須であり、仕事や金銭面など、色々な理由があっても検診を受ける必要があります。その検診の方法とは、がん検診、内視鏡検査、CT検査などがあります。近くの評判の良い病院を選んで、定期的に検査することが望ましいです。

予防と留意点

大腸がんが発症しないよう、日頃の生活から気を付ける必要があります。その予防方法とは、食事療法と運動療法が主です。食事での注意点は、塩分過多になることを避けることです。また、アルコールの多飲は発病のリスクを高くするため、控える必要があります。肉料理も多くならないよう気を付ける必要があります。逆に好ましい食事は、食物繊維を多く摂取することです。そのことが、便通を整えて、発がん物質と腸粘膜の接触時間を短くし、大腸がんの予防になります。また、葉酸や抗酸化食品を定期的に摂取することも予防につながります。食品からだけで摂取するのが難しい場合には、サプリメントを利用するのがコツです。他には、定期的な運動を行い、肥満にならないように注意することが重要です。